太マッチョ体型に心地いい服

太マッチョ体型に心地いい服

スポーツや筋トレで普段から体を鍛えているがっちり太っちょ体系の人に共通するのが、
似合う服が少ないという悩み。鍛えて食って鍛えて食ってれば太腿は太くなるし、ヒップや胸回りもデカくなる。

確かにただのガチムチよりもぽっちゃり肉体美(女性ウケも良い)は手に入るが、
そのぶん今までの服がパツパツになり、似合うサイズが少なくなるという、ファッションを楽しむのに制限がかかってしまいます。
ショップでもサイズはせいぜいXLぐらいまで。

とはいえ、やっぱりオシャレは諦めたくない。

太マッチョ体型のオシャレがあるはず。そうQZILLAならね。

首が太くても、腿がパツパツでも、心地よくてオシャレに着られる服はある。
これに着せられてる感をゼロにしてこなれて見せるちょっとの工夫が必要です。

腿やヒップの「パツパツ」問題を解決!

ストレッチの効いたパンツならデカ尻でも楽ちん。
大きなお尻や太い腿が気になってしまう。という人は多いはず。ウエストに合わせて選ぶと腿やお尻が窮屈に、お尻や太腿に合わせて選ぶとウエストがブカブカ。太マッチョあるあるですよね。そういうときはウエストゴムが最強の味方です。太腿やお尻に合わせてもしっかりフィットしながらも、楽さを手に入れることができます。

ポイント!
腿パツパツや腰ブカブカじゃカッコ悪い!
ヒップが大きかったり腿が太いと、パンツ選びも一苦労。ウエストに合わせてれば太腿がパツパツ。太腿に合わせればウエストがブカブカになり、どちらもカッコ悪い。となると、ウエストでサイズ調整するにほかならない。当店のウエストゴムアイテムや紐で自由に調整できるアイテムをご用意しております。

オススメアイテム




腿張り太っちょにはのびのびデニム

太くてたくましい脚は避けて通れない宿命のようなもの。
細身まではいかなくても美しく男らしく魅せられるスウェットのような素材感の、のびのびパンツをぜひトライしてほしいです。
これなら太腿が楽な上に、形がキレイ。それでいて見た目はデニム。もうデニムを履きたいけど履きにくいという先入観ゼロになります。

白シャツはこう着こなせ。

シャツなんて立派な大胸筋でボタンがとまらない?

まず、太い人には白(膨張色)とボーダー(膨張柄)はタブーだというのはウソ。着こなし方次第でとても似合うということを念頭においてほしいです。
上半身がふとったり、鍛え上げるとシャツの胸元がパツパツになりがち。ボタンはだいたんに開けて袖をしっかりとまくろう。
そうすることによって断然、細身の男よりも男らしくシャツを着こなすことができます。

太マッチョ

白シャツはとくに、ワイルドに着たいですね。

さらに、小物も上手に取り入れましょう。
例えば、エレガントな腕時計をチラ見せして大人の男を演出してください。
私は、タグホイヤーのリンクを愛用しています。
ずっしりした重みやデザインが非常に気に入っており、この腕時計をしているだけで雰囲気が大人っぽくなります。

また、ストールを使いこなすのもひとつの手です。

太マッチョ

シャツフレンチリネン綿麻長袖シャツ
ボトムスストレッチ接触冷感ウエストゴムストレートパンツ

いつものスタイルにひとつアクセントを入れるだけで随分と雰囲気は変わりますのでぜひお試しください。

QZILLA by Mr.Blissの公式オンラインショップはこちら
新規会員登録で
500ポイント(500円分)プレゼント

▼毎日代表のマイコーが挨拶しています
YouTube

▼QZILLA by Mr.BlissのSNS ぜひフォローしてください!

Facebook
LINE@
twitter
マイコー

マイコー代表取締役

投稿者プロフィール

紙・WEBデザイン業界に約12年携わり、レディースアパレルブランド運営会社にてECサイト・ビジュアル全般のディレクターとして6年在籍後、株式会社Mr.Blissを起業し、大きいサイズメンズ服専門店QZILLA by Mr.Blissを立ち上げる。

趣味は、大きい人の観察・亀の甲羅磨き・ゴルフの打ちっぱなし(ホールには出ない主義)・まじめな読書・楽器演奏・ゲーム

マイコーの由来は、語ればとても長くなるが、マイケルジャクソンが好きだからだ。

最近YouTuberに憧れて動画アップをしている。
チャンネルはコチラ
https://goo.gl/TLM5za

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る