ぽちゃメンでモテる人の共通点は?デブのヘアスタイル第2弾

lifestyle011

2重あご・でっぷりしたお腹・太った身体…自分の体形にコンプレックスを持つのは男性も同じ。けれど「太っている=モテない」は大間違い!最近は綺麗な女性がぽっちゃり男と付き合う、美女と野獣カップルも多数!彼女たちがなぜ、ポチャメンを選ぶのか?「くまさんみたいでカワイイ」という言葉の真意は?!ぽっちゃりでもモテる秘訣は…そう「髪型」にあった!

熊系男子がモテる理由とは?

ぽっちゃりでもモテる彼らに共通するのが、「身だしなみに気を付けている」つまり「おしゃれ」だということ!モテる可能性もボサボサのだらしない髪型じゃ台無し。そこで、今回は前回反響の多かった【デブのヘアースタイル】いや、それはちょっと・・・に引き続き、ポチャメンが“さわやかイケメンになれる”髪型を発表!

 

ナチュラル2ブロックショート

やっぱり旅先はパリだよね

サイドとトップの長さを馴染む程度にツーブッロクにし、スッキリさせた印象の、シンプルなショートスタイルです。ONとOFF両方に最適の大人スタイルです。

<サイド>
やっぱり旅先はパリだよね
<バック>
やっぱり旅先はパリだよね

 

これは、さわやかでかなり好印象です!
コーディネート詳細はこちら

ソフトモヒカンショート

やっぱり旅先はパリだよね

サイドの刈り上げをラフにすることでハードになりがちのモヒカンスタイルを柔らかく、ナチュラルに見えます。トップに軽くパーマをかけても良いですね。

刈り上げすぎると、本気のモヒカンになってしまうので、要注意です。

 

デキる男ワイルドショート

Who is this mystery man? Find out where you can see more of him & his #plussize style: http://chubstr.com/2015/submission/photo-hanging-jason/:

参照元:pinterest
ビジネスシーンにばっちりハマる、定番刈り上げアップバング。 清潔感、男らしさが演出できます。

カットラインだけでシルエットを作るので骨格補正でき幅広い方に対応します。寝癖もくせ毛も気にしないでスタイリングも可能。

 

イケメンナチュラルパーマ

 :

参照元:pinterest

ふんわりと柔らかいパーマをかけたスタイル。アップバングでビジネスシーンでも、バングを下ろせばカジュアルなスタイルにもハマり、シーンを選ばない万能スタイル。こちらもサイドを刈り上げているのでさわやかな印象です。

 

スタイリッシュリーゼント

迷彩オヤジ

トップの動きを生かしてリーゼント仕立てにツヤのあるスタイリングをすると、スタイリッシュな大人ヘア。ぽちゃめんも似合うイケメンヘアです。

<サイド>
迷彩オヤジ
<バック>
迷彩オヤジ

 

かっこよいワイルドなコーディネートとも相性が抜群です!
コーディネート詳細はこちら

 

イタリア風ジェントルマンパーマ

Friday Posts:

強めのパーマで大人の色気も出せるヘアスタイル。パーマを強く当てているので、スタイリングも簡単!ただ、間違ってパンチパーマにならないように注意が必要です。

 

どうやら、ぽっちゃりメンズが爽やかイケメンになるには、ショートヘアがいいみたいですね!(ロングヘアで良い感じの画像が全く見つかりませんでした)

なんと髪型で、第一印象が8割も決まってしまう程、ヘアスタイリングは本当に大事!

パーマを当てたり、ワックスで毛先を遊ばせたり、グリースでツヤっぽくしてみたり。是非、自分に似合う髪型を研究してみてくださいね!

この記事をお読みの方はこちらもチェックしています。
003
大きいサイズの男性必須アイテム!POLOストライプジャケット
003
【大きいサイズメンズ】ピンクシャツの着こなし術

リンク集

QZILLA by Mr.Blissの公式オンラインショップはこちら
新規会員登録で
500ポイント(500円分)プレゼント

▼毎日代表のマイコーが挨拶しています
YouTube

▼QZILLA by Mr.BlissのSNS ぜひフォローしてください!

Facebook
LINE@
twitter
モモタロー

モモタロープランナー兼ファッションアドバイザー

投稿者プロフィール

岡山生まれ、岡山育ち。
アパレルのSHOP店員として大阪にやってきたのち、ECサイトに興味を持ち、マイコーの元にデザイナーとして弟子入り。
Webディレクター、開発プロデューサーをちょこっとだけ経験して今に至る。
モモタローはマイコーによって名付けられたが、マイコーはきびだんごを渡して付いてくる私の仲間という設定。
唯一の趣味は寝ること。彼氏募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る