大人のスマートな生き方〜スニーカー選びのポイント2〜

大人のスマートな生き方

有名ブランドから一足だけをピックアップして大人のスニーカーをお勧めする第二弾は

アディダスのスタンスミス

49fec4aa2f532f124220b63c3b191795rafsimons_stansmith_adidas_tiurf1-e1402818598474

有名手にプレイヤーのモデルだからとてもシンプルで履きやすいデザインなのは言うまでもないけれど、こちらも近年の別注ブームでたくさんのカラーバリエーションが発売されているの、その中でスコップがお勧めするのはスエード素材のネイビー。デニムやジョガーパンツ、スラックスとの相性が素晴らしいわ!

そして一見ぱちもの?

と思われる方もいるかもしれないラフシモンズの別注モデル、スタンスミスの3本ラインは穴あけ加工(パンチング)で基本は構成されているのだけれどさすがはラフシモンズ、アディダスのアイコン3本ラインを〝R〟にしちゃってるのこういう誰もが考えつきそうだけれど実行できないことを実行できるアイディアには脱帽!街中でこのモデルを履いている大人の男性を見かけるとぐっときちゃうのは私だけではないはずよ!

 

リーボックのクラシック

reebok-classic-sport-california-blue-persian-blue-scarletzz-ar0586-6

こちらも言わずと知れた往年のお名作

クラッシックの名にふさわしい落ち着いた雰囲気のあるレトロランニングの一つ。

ここで私が提案したいのは90年代を彷彿させるような派手×派手な配色のもの。

守ってばかりでは得点には結びつかないから、シンプルなコーデに差し込むだけで人とは違うと思わせつつ大人が履くというギャップで誰かを魅了しちゃえばいいと思うの。

2足目は海外有名アーティストケンドリック・ラマーとのコラボモデル。

私音楽も大好きなんだけど、KLは実はあまり好みではないの、でもこのクラッシックのコラボは別格ピッグスキンを使用しているゴージャスさと左右非対称の配色が彼のセンスがデザイナーをも凌駕することを証明していると思うから、あまりの人気のため海外では高額で取引されているスニーカーの一つ。そう、私も買えなかった一人です。

 

もうきりがないからいよいよ、この秋一番のお勧めをいい加減に発表させていただくは、

 

それは、、、

 

ジャーマントレーナー

30845789_o1

images-5

このスニーカーはその名の通りドイツ軍が訓練ように戦士に履かせていたもので、言うなれば体育館シューズのようなもの

ICONIQなブランドロゴもなくシンプルで洗練されているデザインで無骨な生ゴムソールを使用していることもとても評価できる一つのポイント。

過去にはアディダスやプーマが作っていた経歴があったり、世界的に有名なデザイナー、マルタンマルジェラが別注モデルを作ったことで人気が再燃してたからご存知の方も多いかも!?

でね、このスニーカーを日本のメーカーが未だに作らせているってご存知かしら?

タナカユニバーサル様 http://www.tanaka-u.co.jp/

私の居住エリアのすぐそこにある会社なの、それでダメ元で展示会にお邪魔したのだけれどもうとにかく素晴らしジャーマンちゃんたちでそこらじゅう溢れかえっていたの!

もう、腰が抜けちゃいそうなくらいに感動した!

最後に、私がシンプルなスニーカーばかりをオススメするには幾つかの理由があるの。

それはねコラボスニーカーの異常な高騰、定価2万円くらいのものが10万円を超えたり、殺人事件が起こったりそれを買うために徹夜する人がいたり、転売屋が出現したりね。

私が今回紹介したスニーカーはどれも手に入れやすくそんなに高額ではないの、だって大人がそこらへんの子供みたいにブームにあやかる姿は美しくないもの。

あんまりヨレヨレのスニーカーを履いているのも醜いわね。

30、40歳になって改めて定番の持つ良さや、スニーカーの意味(やすくて、動きやすい、)を知って欲しかったのです。

大人は大人の子供は子供の、それぞれの身の丈にあったスニーカー選びを心がけてね!

それでは次回秋の上着編でお会いしましょう。

——————-
大きいサイズのメンズファッションSHOP
QZILLA by Mr.Bliss(クジラ バイ ミスターブリス)はコチラから
http://qzilla.jp

今なら会員登録するだけでスグ使える500ポイント(500円分)プレゼント!
会員登録はコチラ
——————-

スコップ

スコップスタイリスト/バイヤー/ライター

投稿者プロフィール

年齢、体型、立場、見た目の変化に服選びが付いていっていないと感じたことはありませんか?
デート、婚活、同窓会、女子会、ママ会でその場に相応しい服選びがわからない?
風邪を引いたら内科、髪型は美容室、では自分に似合う服は?
服屋さんでは教えてくれないあなたに似合う最高のお洋服選びをするのがパーソナルスタイリストどこのメーカーやブランドにも媚を売らないフリーのスタイリスト、それがスコップです!
代表のマイコーにあだ名を依頼したところ、スコップという名前をもらいました。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る