デブのお悩み相談室-Vol.10:デブの定義を教えてください。

デブお悩み相談室

摩擦メキシカンです。
先日友人が信頼していた人からどうしても頼まれて連帯保証人になった結果、紆余曲折あり散々な目にあったという悩みを延々と聞かされました。特に僕が助言できることなどなかったのですが、真剣な悩み相談に乗ることの大変さを改めて感じた次第です。

そんなわけで今週のお悩み相談室は頂いた投稿の中から「全然悩んではいないので回答は適当でもかまわない」「そもそも悩んですらいない」にチェックが入っている緩いお悩みを回答したいと思います。

相談者の投稿

私、身長175cm体重85kgという者です。職場が良い人ばかりでデブ扱いでなく、「ぽっちゃり」としてしか見てくれません。
とても悲しいです。デブでいいと思っているのに優しさが刺さります。嘘が優しくても、真実のいじりを求めます。(20代男性)

回答

なるほど。真実のいじり、ですか。確かに自身はデブだと思っているのにぽっちゃり扱いされたら嫌ですよね。お気持ちはわかります。しかし、そもそも相談者様は現状「デブ」なのでしょうか。まずはそこから考えていきましょう。「175cm体重85kg」ということはBMIでいうと27.76ですね。25~30未満が肥満(1度)と言われています。これは「Pre-obese」つまり「肥満予備軍」という扱いです。つまり、今相談者様はデブなのではなく、本当にぽっちゃりなだけではないでしょうか。まずは肥満(2度)、つまりBMIでいう30以上を目指されてはいかがでしょうか。175cmで言いますと92kgです。このラインを超えたとき、ようやく周囲も一人前のデブとして扱ってくれると思います。それではまた30を超えてからお越しください。私はその更に上のステージでお待ちしております。

相談者の投稿

いつも大盛りを食べているので、お金が足りません。しかし大盛りを食べたいのですが、どうすれば良いでしょうか。

回答

働いて、稼げ。



相談者の投稿

デブの定義を教えてください。(20代男性)

回答

まずガリでない、ことです。

相談者の投稿

デブにとって春と秋は悩めるシーズンだと思うのです。
周りの人はまだ冬の装いから抜けきっていないのに自分だけ半袖をきてしまう春。
周りの人たちがコードを羽織ってるのに、まだ夏服の自分。
この浮いてしまう感じが辛くなってきました。なにか良い知恵をお授けください。(30代男性)

回答

浮いてしまう感じが辛いなら、痩せよ?

相談者の投稿

3XLのパンツ(下着)買ったら落ちました。捨てた方がいいでしょうか?落ちなくなるまで育つべきでしょうか?自分的には後者を選択したいのですが(現時点1mちょうど)(40代男性)

回答

お考えの通り、捨てるなんてとんでもないです。自身が成長することで落ちなくなる。それが正解です。そして自身が成長したことにより履けなくなったパンツは、迷わず捨てましょう。ドラゴンボールで天津飯が餃子を置いてきたように。

相談者の投稿

毎夏顔が汗だくで、ハンカチなんかじゃ全く追いつかなかったのですが、速乾性生地でできたクールコアタオルというのを額に巻くと、額から汗がたれず、しかも気化で冷えるので快適に暮らせるようになりました。クールコアタオルはアメリカで研究・開発された冷却素材「COOLCORE(クールコア)」を使用した多機能タオルです。顔汗の悩みにぜひおすすめして欲しいです(30代男性)

回答

・・・関係者の方でしょうか?

相談者の投稿

今年もまた健康診断の結果が出たんですが、まいど恒例の再検査でした。が、痩せない限り永遠に再検査だと思うんです。どうしたらいいでしょう?(40代男性)

回答

痩せましょう。デブであり続けることは大切ですが、人間身体が資本です。相談者様には辛い言葉になってしまうかもしれませんが、デブであり続ける才能がなかったのでしょう。健康的なデブであり続けることが理想ですが、健康面に影響が出るのであれば直ちに痩せるべきだと考えます。

相談者の投稿

肉じゃがが女子度を測るファクターなら、男性の魅力を測るものは何ですか?体型と食欲の旺盛さ以外で教えて下さい。(20代女性)

回答

血糖値の高さです。

相談者の投稿

夏なのにあまりビールが旨く感じないのてをすが(50代男性)

回答

すみません。回答がすっかり遅れ、秋になりましたね。その後、どうですか?

今週の回答は以上です。引き続き以下のフォームでお悩み相談をお待ちしています。
スマホでグリーンって移動しちゃう人は こちら からフォームへ飛んでください。

次回予告

次回は「真剣に悩んでいるので真面目に回答してほしい」にチェックが入ったお悩みを回答する。

摩擦メキシカン

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

私のおじいさんがくれた初めてのキャンディ
それはヴェルタースオリジナルで私は四歳でした
その味は甘くてクリーミィで
こんな素晴らしいキャンディをもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました
今では私がおじいさん
孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る