大きいサイズのメンズに捧ぐパーカーのお洒落な着こなし術!

parka7

大きいサイズのメンズ服専門店QZILLA by Mr.Blissのモモタローです!
この季節になると、パーカーが大人気です!
そこで、今回は是非大きい男性に知ってもらいたい、パーカーのお洒落な着こなし術をお伝えしたいと思います。

そもそもパーカーって何?

parka1
パーカーの正式な名称はパーカ(parka)で「フードがついているもの」の総称です。前にジップが付いていようと付いていまいと、フードがついていれば「パーカー」と呼びます。
今回、ここで着こなし術をご紹介するのは、ごく一般的な「スウェット生地のパーカー」を想定してご紹介していきます!

部屋着っぽくならないパーカーの着こなし術

スウェット素材のパーカーは、とても楽なので普段使いしやすいアイテムですが、なんだか部屋着っぽくなってしまいませんか?
今回はとことんパーカーを“お洒落に着るため”の着こなし術をお伝え致します。

こんなパーカーはダメ

parka2

ご自身の普段使いのパーカーを思い出してください。
くしゃくしゃにシワが入っていたり、袖や裾のゴムが伸びてびよんびよんになっていませんか?ましてや、しみが付いていたり穴が開いているなんて事はありませよね?
「パーカーにアイロンを当てろ!」とまで言いませんが、パーカー1つにしろ、洗濯の後は丁寧にたたむ事をお勧めします。また、ご自身のパーカーを「丁寧にたたむ程じゃない。」とお考えでしたら、服への愛着が薄れているので、そろそろお別れの時期かも知れません。
そして、袖や裾のゴムが伸びていたり、シミや穴が開いているものは、この際「今までありがとう」という感謝の気持ちを込めてお別れしましょう。また、穴が空いていなくとも、ひどく毛玉が出来てしまっていたり、生地の傷みが見られる物もお別れ時です。
新たなお洋服を手にするチャンスです。

ダメなパーカーおさらい

  • しわしわのパーカー
  • ゴムが伸びているパーカー
  • シミがついているパーカー
  • 穴が開いている/生地が傷んでいるパーカー

パーカーのお洒落なサイズ感

parka8
パーカーはゆったり着たい派ですか?それともピッタリ着たい派ですか?
服の好みや服装のテイストによって人それぞれ変わると思います。ただ(大きいサイズの男性によく見られるんですが・・・)ダボダボに着るのはあまりオススメしません。例えば、袖で手先まで隠れてしまったり、太ももの半分くらい隠れる着丈は「ゆったり」の領域を超えて、「大きすぎ」ます。女性がやると可愛いと思われるかも知れませんが、男性だとダラしなく見え、格好よくありません。
メーカーにもよりますが、パーカーは「ややゆったりめ」に作られている事が多いです。ですので、サイズを選ぶ時は、普段着ているサイズを選ぶか、ピッタリ着たい人なら普段より1サイズ下を選ぶ事がオススメです。
袖は手首〜手の甲にかかるくらい裾は骨盤〜お尻半分くらいがお洒落なサイズの目安です。
もし、冬場「アウターの下に着たい」とお考えでしたら、ピッタリ着る事をお勧めします。ゆったりのパーカーを選ぶと、アウターがごわついて見た目も着心地もよくありません。

お洒落なサイズ感のおさらい

  • ダボダボに着るのはNG
  • 普段着ているサイズか1サイズ下を選ぶ
  • 袖は手首〜手の甲にかかるくらい
  • 裾は骨盤〜お尻半分くらい
  • アウターの下に着るならピッタリめを選ぶ

パーカーをお洒落に見せる小ワザ

大きい男性は特に、お腹周りでパーカーのサイズを選ぶことが多いはずです。となると、先ほどお伝えしたダメなサイズ「袖が長過ぎ」「着丈が長過ぎ」る事が起こってしまいます。そこでオススメなのが

小ワザ1.袖をたくし上げる

parka4 これは、とても簡単でとても効力があります。手首を見せることで、メリハリがつきスマートな印象にもなります。
腕まくりでも、実際に袖をロールアップしてはいけません!パーカーの袖はリブと言ってゴムみたいに伸縮性があるものがほとんどなので、ぐぐっとたくし上げるのが正解です。

小ワザ2.フードを少し前に持ってくる

parka5

フードを少し前にし、首周りで立たせるイメージです。これは、小顔効果+カッコよく見える効果があります。
大きい男性だけでなく、細身の男性や女性にも効果があり、オシャレな人は既にやっている小ワザです。

柔らかい生地のパーカーだと、何度も何度も直して大変なことになりますが、写真を撮る際や、鏡の前に立ったとき(気づいたとき)にすると、良いでしょう。硬い生地のパーカーなら、形状維持してくれるので、1度なおすと長くその形を保ってくれます。

パーカーのお洒落なコーディネート

パンツは、ピッタリめがおすすめ!

parka6
パーカー自体がゆるっとしたシルエットなので、ボトムスに履くズボンはピッタリ目のシルエットがおすすめです。
ジョガーパンツなら、スポーティカジュアルが楽しめます!

インナーはシンプルなTシャツがおすすめ

parka7
インナーはシンプルなTシャツがおすすめです。Yシャツをインナーに着る方もいらっしゃいますが、かなり上級者向けのお洒落で、一歩バランスを間違えるとダサくなるので、あまりオススメしません。

アウターを羽織るとはフードを出してお洒落


アウターをパーカーの上に羽織る際は、フードを出しましょう。この時、パーカーがグレーだとやや幼い印象になってしまうので、注意が必要です。

是非参考にしてみてください!

関連商品



モモタロー

モモタロープランナー兼ファッションアドバイザー

投稿者プロフィール

岡山生まれ、岡山育ち。
アパレルのSHOP店員として大阪にやってきたのち、ECサイトに興味を持ち、マイコーの元にデザイナーとして弟子入り。
Webディレクター、開発プロデューサーをちょこっとだけ経験して今に至る。
モモタローはマイコーによって名付けられたが、マイコーはきびだんごを渡して付いてくる私の仲間という設定。
唯一の趣味は寝ること。彼氏募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る