ニット素材、ウールとアクリルの違い【ファッション知識】

wool

冬の欠かせないアイテムと言えば、ニット!皆さんは、ニットを買う時に”素材”を意識していますか?知っているのと知らないのでは、大違い!ニットの素材についてお話しします。

一言でニットといっても、その素材はさまざま。今回は代表的な3つをご紹介します。

素材1:ウール

ニットと言えばウール、ウールと言えば羊ですよね。そう、ウールとは羊毛を指しています。つまり、天然素材。肌にも優しい素材です。羊が環境に適応するため進化した羊毛は、とっても高性能です。

ウールのメリット

  • 冬暖かく、夏涼しい
  • 湿気を吸収し、さわやか
  • シワになりにくく、型崩れしにくい
  • 抗菌・消臭効果
  • 水を弾く性質で、汚れにくい(頻繁に洗濯をしなくても大丈夫)

ウールのデメリット

  • 虫に食われる
  • 縮むことがある

湿気を吸収し、抗菌・消臭効果があるなんて。汗っかきさんには持ってこいですね!




素材2:アクリル

アクリルニットは、よく耳にすると思います。その素材は、その名の通りアクリル。人工的に柔らかさや暖かさを持たせた合成繊維です。ウールに近づけるため改良された繊維で、ニット素材としてとてもよく使われています。

特に、最近のアクリルニットはメーカーの努力もあって肌触りも抜群!一見、ウールとは見分けができない程です。けれど、完全に一緒かと言えば、そんな訳もありません。アクリルならではの特徴を紹介します。

アクリルのメリット

  • ウールに比べ、価格帯が低い
  • 虫食いやカビの影響を受けない
  • 吸水性が低く、乾きやすい
  • 鮮やかな染色加工が可能

アクリルのデメリット

  • 吸水性・吸湿性がなく、汗を吸わない
  • 毛玉ができやすい
  • 静電気が起きやすい
アクリル素材の大きいサイズのニット





素材3:カシミヤ

最後にニットの中でも、高級品として名高いカシミヤの特性をご紹介します。カシミヤは、カシミヤヤギの毛を使用しているニットです。カシミヤニットは1頭からとれる量がすくないため、お値段は高めですが、それでも手に入れたいとても優秀な素材です。

カシミヤのメリット

  • 繊維が細く、絹のような滑らかさと光沢感
  • 保温性、保湿性に優れる
  • とても軽い
  • 肌触りがよい
  • ウールと比べ、伸縮性が40%も優れ、型崩れしにくい

カシミヤのデメリット

  • 毛玉ができやすい
  • 水に弱く、シミになりやすい
  • 虫に食われる

いかがでしたか?同じニットでも、こんなに特徴に差があります。1回洗濯したら、もう着れないくらい縮んでしまった!買って1日しか着ていないのに毛玉できちゃった!なんて経験あると思います。

ニットの素材の特性を知って、ファッションをより楽しみましょう!

2L以上のニット商品はコチラから

レギュラーサイズのニットの購入はこちら


あわせて読みたい関連記事

リンク集

QZILLA by Mr.Blissの公式オンラインショップはこちら
新規会員登録で
500ポイント(500円分)プレゼント

 
▼毎日代表のマイコーが挨拶しています
YouTube

▼QZILLA by Mr.BlissのSNS ぜひフォローしてください!

Facebook
LINE@
twitter
モモタロー

モモタロープランナー兼ファッションアドバイザー

投稿者プロフィール

岡山生まれ、岡山育ち。
アパレルのSHOP店員として大阪にやってきたのち、ECサイトに興味を持ち、マイコーの元にデザイナーとして弟子入り。
Webディレクター、開発プロデューサーをちょこっとだけ経験して今に至る。
モモタローはマイコーによって名付けられたが、マイコーはきびだんごを渡して付いてくる私の仲間という設定。
唯一の趣味は寝ること。彼氏募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る