デブのお悩み相談室-Vol.06:デブでいることのメリットを教えてください

vol06

摩擦メキシカンです。

先日僕も一目置く友人(デブ)が京阪神の駅構内にある空調情報を脳内でデータベース化していて驚きました。あの駅は空調がない/効きがすこぶるわるい、あの駅はダイキン製だから出力も大きいとか、あの駅はX番線前の空調機が人も少なく涼みやすい、とかそういう情報です。スマホアプリ化して販売したいと思うほど僕らデブにとって価値のある情報だと感じた次第です。

さて、今週のお悩み相談は!

相談者の投稿

こちら110キロのデブです。当方、いつもダイエットに失敗して自己嫌悪に陥っています。もうダイエットは諦めていっそ開きなおろうと思っていますがデブでいることのメリットを教えていただきたく。(30代男性)

回答

むしろメリットしかないと思います。顔を覚えて貰える確率が飛躍的にアップしますし、もうこれだけで恩恵は無限大です。定食屋に行けば量や一品サービスしてくれたりすぐに常連扱いされますし、ビジネス面で顔を覚えて貰えることのメリットは計り知れません。また、欧米化の影響もあり、太っている人は自己管理能力が足りない人という先入観を持たれがちですが、そんな中で存在感のある仕事をしたら同じ実績を上げている人よりも何故か評価が高くなるというメリットもあります。一番ダメなのは自己嫌悪に陥ってネガティブになることです。

この状態を僕は精神面のガリと呼んでいます。

開き直っていきましょう。またそれでも悩んでしまったら、またここでお待ちしております。

相談者の投稿

摩擦メキシカンさんの名前の由来を教えてほしいです!

回答

これはTwitterなどでもたまに聞かれる質問で、今まで特に言及したことはなかったのですが、友達が勝手に付けた名前です。当人も意味や由来などなにもなく適当に思い付きで命名したそうなので全く由来などがわかりません。特に思い入れが強い名前でもないので、今後は大阪を前面に押し出すような名前、例えば道頓堀 次郎みたいな名前に改名しようかとも考えてます。

[PR]相談者の投稿

暑い夏を乗り切るハーフパンツを教えてください。

[PR]回答

これは何度でも言いたいですが、控えめに言って最高です。

こちらのアイテム、やっぱりめちゃくちゃ良いです。僕もヘビロテしています。
EDOWINさんのジャージーズはもう全然履かなくなりましたし、このハーフパンツが2枚あれば今年の夏も乗り切れそうです。家の洗濯機でガンガン洗ってますが色落ちも少なく、通気性も良いのか日中に干したら数時間で乾きます。ウェストのゴムがめちゃくちゃ楽ですし色合いもオシャレ。お腹部分にも優しく、肌も全然かぶれません。在庫も残り僅か!

相談者の投稿

当方身長181cm130kgというサイズなのですが、身体が大きいことで、「お兄さん何かやっているんですか?」という質問をよく言われます。
この質問における「何か?」に対し、大した返しが見つからず、「食べすぎです。」ないし、「特別なにもしていません」という回答では質問者のその後の盛り上がりに欠ける回答のようです。
この様な質問をしてくる方へのウィットに富んだ返しをご教授いただければと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

回答

なるほど。相手も何か面白い答えを期待している状態でウィットに富んだ返しをするのは難しいですよね。僕はそういう質問には真顔で「昨日の自分に負けたくなくて…(キリッ)」と言います。そうすることで「太ること=圧倒的成長」という認識を相手も抱いてくれると思っているからです。もうちょっと緩い感じのシチュエーションでは「太り込みしています!」と元気に答えますね。もし「太り込み??」みたいな顔をされたら「アスリートが走り込みをするように、僕は太り込みをしているんですよ」と教えてあげたら理解してもらえると思います。また、名のある太り手かもしれないと相手に思わせることも同時にできるのではないかと考えております。

今週の回答は以上です。引き続き以下のフォームでお悩み相談をお待ちしています。
スマホでグリーンって移動しちゃう人は こちら からフォームへ飛んでください。
※一項目確認事項を増やしました


次回予告

「大盛りを頼みにくい」「松葉杖を使って生活」「最後の晩餐に何を食べたいのか」辺りのお悩みについて回答する。

摩擦メキシカン

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

私のおじいさんがくれた初めてのキャンディ
それはヴェルタースオリジナルで私は四歳でした
その味は甘くてクリーミィで
こんな素晴らしいキャンディをもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました
今では私がおじいさん
孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る