デブのお悩み相談室-Vol.07:最後の晩餐に食べたいもの

vol07

摩擦メキシカンです。7月の段階で暑くて死にそうになっていたのですが、8月はまた一段と暑いですね!1リットルの涙という名作がありますが、僕レベルになると10リットルの汗を毎日のように流せる気がします。こんな日は逆にスパイシーなカレーや激辛料理を食べて汗だくになりたくなりますね!
さて、今週のお悩み相談は!

相談者の投稿

只今松葉杖を使って生活しています。なぜなら骨折したからです。
片足と両手の負担が半端ではなく、デブに松葉杖は水と油のような関係だと最近悟りました。しかし、その関係をぶち壊してニンニクと焦がし醤油のような関係に持っていきたいのですがどうすればよいでしょうか。

回答

松葉杖の辛さ、わかります。僕も昨年スポーツをしてる際、デブがなったら駄目なケガ第一位の「肉離れ」を経験して2か月ほど松葉杖生活をしていましたから。水と油、実に秀逸なたとえだと思います。ニンニクと焦がし醤油、実に相性の良い組み合わせだと思います。ここで一旦デブと松葉杖の関係を忘れ、水と油の話をしましょう。水と油は合わない、でも混ざり合うことができるのです。それが、「乳化」です。二層に分離した水と油も乳化剤(卵黄)を混ぜることにより混ざりあう。そう、マヨネーズの原理ですね。あとはもう簡単ですよね?デブと松葉杖における卵黄を見つけることができれば、最高の組み合わせになるということが。(?)

相談者の投稿

どうやったらそのようになるのでしょうか?おしえてください。(40代男性)

回答

逆に訊きたいのですが、僕は一体どのようになっているのでしょうか?

[PR]相談者の投稿

暑くて困っています。オフィスでハーフパンツは履けないので、オフィスカジュアルで着こなせる涼しいボトムスを教えてください。

[PR]回答

まだ僕自身が履いてないので断言はできない上で断言したいオブザイヤーのボトムスを紹介します。

こちらのアイテム、僕も自分のサイズで発注予定です(社販万歳!)。めちゃくちゃ肌触りが良さげです。接触冷感素材という肌に触れるとひんやりする素材なので完全にデブ工学に基づいて設計されたとしか思えないこのアイテム。ひとまずベージュを買う予定なので、購入後スタッフスタイルページで公開したいと思います。

相談者の投稿

大盛りを頼みにくい時が良くあります、見栄を張って普通盛りを食べるも食べた気がしないのですが良い方法ないでしょうか?

回答

なるほど。大盛りを頼みにくいシチュエーションがイメージできませんでしたが、そういうときは普通盛りの料理を二つ注文しましょう。「後からもう一人来るんで」という雰囲気を出していれば特に違和感なく事は運ぶと思います。その後、堂々と二つ食うも良し、「連れがこなかったけどキャンセルするのも申し訳ないので頑張って一人で食う責任感の強い人」という雰囲気を出しながら食べるも良し、というところまで考えてやっぱり普通に大盛りを頼んだら良いのではないかと思いました。

相談者の投稿

もし明日死ぬとしたら最後の晩餐に何を食べたいのかと聞かれ回答に困りました。もし、意識の高いデブさんが明日死ぬとしたら何を食べますか?(40代男性)

回答

最後の晩餐、とても興味深いですね。キリストが食べたコースも興味がありますが、僕が最後の晩餐に食べたいもの。それは猛毒であるフグの肝などと言った食べたら死ぬけど美味しいと言われている料理です。どうせ死ぬのであれば今まで食べたことのない、食べたら命に関わる危険なものを最後に食べまくって死を迎えたいと思っています。

今週の回答は以上です。引き続き以下のフォームでお悩み相談をお待ちしています。
スマホでグリーンって移動しちゃう人は こちら からフォームへ飛んでください。
※一項目確認事項を増やしました。


次回予告

投稿フォームの「どの程度深刻なお悩みでしょうか」という項目で、「そもそも悩んですらいない」にチェックを入れてる悩んでない悩みについて回答する。

摩擦メキシカン

摩擦メキシカン

投稿者プロフィール

私のおじいさんがくれた初めてのキャンディ
それはヴェルタースオリジナルで私は四歳でした
その味は甘くてクリーミィで
こんな素晴らしいキャンディをもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました
今では私がおじいさん
孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る