【デキそうな男】+【オシャレすぎない男】=【ちょっとモテ男】

小物にこだわれ。オシャレすぎずデキる風を装え。

春ですね。腕まくりな季節です。全国のオヤジは腕をまくり男らしさをアピールしてください。
この時期、お勤めの方々は新規訪問や新規開拓にあたって新しい出会いが多くなるとおもいます。お相手が男女かまわず第一印象で決まります。(私自身はいつも第一印象が悪すぎるらしいです・・・)
体毛(ヘアースタイル・眉・髭)やファッションで変わるでしょう。
あくまでも私個人の意見に近いのですが、がんばりすぎない、さりげないオシャレが一番好印象に感じます。男性でオシャレすぎる人は逆にうさんくさくも思えます。そして多くの女性はオシャレすぎる男性は苦手と。理由は自分も頑張らないといけないし、相手にコーデのことを指摘されそうでイヤ。ということです。あと自分が好きすぎそうなどなど。

これからあげるポイントはあくまで個人的意見です。

はやりに乗っかりすぎない。

⇒一時期、肩掛けカーデの斜め掛けが一部に流行しました。あれは正直、ナシです。むしろ肩にもかけたくありません。腰にも巻きたくないです。

小物にこだわる

⇒セレブの象徴です。服はシンプルだけど時計やアクセに個性をだすとデキそうな男になれます。

服装の一部にこだわる

⇒例えばすごく上質なデニム。すごく良い靴。比較的ボトムをこだわるとデキそうな男になれます。

雑誌のsafariを読め!

⇒LEONはセレブすぎるライフスタイルよりの雑誌なのでファッションの情報が多いsafariがおすすめです。ただし、商品単価が割と高い方なのでコーデのお手本にしてみてください。(safariは肩かけ腰巻が多いですがなぜか許せます。偏見でしょうか)

全てのアイテムを高級にしなくてよいです。なにかこだわりポイントが少しあるコーデをするとそれだけで自信がつき、新しい出会いでも「お、この人デキる(風)の男だな」と想ってくれるかもしれません。

QZILLA by Mr.Blissでは全ての商品がお買い求めやすい価格帯ではございません。
しかし、こだわりのmade in Japanなアイテムも順次揃えます。自分へのご褒美にも良いかもしれませんね。もちろん本気のこだわり全身づくしで本当のデキる男を目指したいですが、まずはオシャレすぎないデキそうな男を目指しましょう。

大きいサイズのメンズファッションSHOP
QZILLA by Mr.Bliss(クジラ バイ ミスターブリス)はコチラから
http://qzilla.jp

関連記事

おすすめ記事

  1. sawayaka
    この記事は2016年6月13日に公開したものを再編集したものです。 こんにちは!大きいサイズ専門店…
  2. halfpants
    この記事は2016年8月10日に公開したものを再編集したものです。 暑い季節がやってまいりまし…
  3. tryroom
    ネット通販ですが、事務所に遊びにきてもOKです こんにちは。モモタローです。 大きいサイズ専…
  4. MEDIAメディア
    大きいサイズのメンズ服専門店 QZILLA by Mr.Bliss オフライン・メディア情報 …
  5. fashion029
    お店のオープンに伴い、我々が大きいメンズにお届けしたい商品も続々と手元に届いております。その中でも、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

初めての方へ

ページ上部へ戻る