汗っかき必見!服の素材で快適な夏を過ごせる

sawayaka

この記事は2016年6月13日に公開したものを再編集したものです。

こんにちは!大きいサイズ専門店QZILLA by Mr.Blissのモモタローです。

梅雨のシーズンですね。雨なのか、汗なのか。じめじめじっとり肌に、水滴がしたたり落ちる季節ですね。じんわり汗ばむ日は、服がぺちゃーと肌にくっついて、いやーな気分になった経験は誰にでもあるはずです。特に、夏場はハンカチが手放せないほど汗っかきの人は、このシーズンはかなり不快ですよね。
ひとつの解決策として、お洋服の素材を意識してみてください。着る服によって、1日中べっとりしたりサラリとしたり。かなり快適さが変わります。

汗を吸う素材1:綿(コットン)

ハンカチやタオル、インナーに使用されている素材が綿(コットン)です。綿100%って、なんだか良さそう!と思いますが、具体的に綿の特徴はどういった物かはご存知でしょうか?

意外と知らない綿(コットン)の特徴

綿(コットン)のメリット
  • 吸水性が非常に高い
  • 通気性が良い
  • 肌触りが良い(肌に優しい)
綿のデメリット
  • 保湿効果もあるため速乾性に欠ける

※『吸水速乾機能』の製品と比べて、速乾性は劣りますが、綿の質や生地の厚さによって変わります。

汗を吸う素材2:麻(リネン)

夏によく登場する、麻(リネン)素材。すこし、パリッとした肌触りが特徴的ですよね。

意外と知らない麻(リネン)の特徴

麻(リネン)のメリット
  • 吸水性が非常に高い
  • 通気性が良い
  • 速乾性がある
  • 放熱性がある

なんと、麻は放熱性がある。ということも分かっています。ある実験によると衣類の中の温度を1.5~2.0°Cも下げるという結果もでているミラクルな素材なのです。

麻(リネン)のデメリット
  • 保水性がないため、肌触りが硬い
  • シワになりやすい

麻袋や麻紐がまさにチックチクですよね。保水性がないので、サラサラ、チクチクした感触なのです。さらに、一度洗濯してしまうとシワになりやすいのも特徴です。

綿と麻(リネン)の天然素材コンビは最強

“綿麻”というワードを耳にしたことはないでしょうか。綿と麻(リネン)を組み合わせると、先ほど述べたお互いの良い点、悪い点を補い合う最強コンビになるんです。

麻(リネン)の割合が多くなればなるほど、乾きが早くサラサラっとした風合いに。
綿の割合が多くなれば、なるほどしっとりとした柔らかい風合いになります。
私のオススメとしては、綿95%以上 で 麻3%程度が、理想的です。汗を吸水し、べとつかないんです。


汗を吸う素材3:吸水速乾の機能性生地

よく耳にする「吸水速乾」これは、各化学繊維メーカーによって開発された、テクノロジー化学繊維をしようした生地。ポリエステルや、ナイロン、綿など、性質は配合は様々ですが、字のごとく「汗を吸い、すぐ乾く」ことに特化した生地です。
スポーツウエアによく使われる素材ですが、普段使いの洋服にも使われていることもあります。


とくに大きいサイズの服を着ていると、服の布面積が大きく、さらに重くなってしまうので、素材選びで快適な夏の過ごし方が大きく変わるかも知れませんね。

リンク集

QZILLA by Mr.Blissの公式オンラインショップはこちら
新規会員登録で
500ポイント(500円分)プレゼント

▼毎日代表のマイコーが挨拶しています
YouTube

▼QZILLA by Mr.BlissのSNS ぜひフォローしてください!

Facebook
LINE@
twitter
モモタロー

モモタロープランナー兼ファッションアドバイザー

投稿者プロフィール

岡山生まれ、岡山育ち。
アパレルのSHOP店員として大阪にやってきたのち、ECサイトに興味を持ち、マイコーの元にデザイナーとして弟子入り。
Webディレクター、開発プロデューサーをちょこっとだけ経験して今に至る。
モモタローはマイコーによって名付けられたが、マイコーはきびだんごを渡して付いてくる私の仲間という設定。
唯一の趣味は寝ること。彼氏募集中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る